BLOG

澤田が行く霧島市国分の初スポット

LINEでシェア 2019/04/24

先日、天気も良かったので霧島市国分にある”城山公園”に行ってきました。
前回秋に行ったのですが、駐車場が空いていなかったのとあまりの人の多さに断念しました。
今回は運良く駐車場も1台だけ空いていたのでスムーズに駐車できました。
息子が思いっきり遊べるようにと今回初めて園内に行ってみたのですが、凄いですね!!

公園内に入ると汽車や飛行機、観覧車がドン!ドン!ドーーーン!と目に飛び込んできました。

(汽車と観覧車と息子)

乗り物大好きな息子は大興奮でした。
真っ先に遊具に行くと思ったのですが、まずはじっくりと展示されている汽車や飛行機を気が済むまで眺めていました。

何度も回りをグルグルと周りまだカタコトな日本語で「しゅごーい(凄い)」「シュッシュポッポだね~」と言っていました。
息子は飛行機を見ると何故かいつも”むすんでひらいて”を歌います。
今回も「むしゅんで(結んで)、ひらひ~て(開いて)」と上機嫌で歌っておりました。
”城山公園”に展示されている汽車や飛行機は乗ってみたくなるような迫力がありました。
(あくまでも私個人の感想です)

(ドーン!と目に飛び込んでくる汽車)

乗り物見学をした後は遊具へGO!
ぞうさんの小さい滑り台からロープの橋と滑り台がつながっている大きな遊具、昔は大好きだった丸いグルグル回る遊具、ブランコなど子どもが思い切り遊べるスペースと遊具がありました。
息子と丸いグルグル回る遊具に乗ってみました。かなり久しぶりに乗る私はテンションMAXで乗り込み回されました。

(グルグル ~回る回る~)

3回転目までは、大人になってから乗れる嬉しさと懐かしさでテンションMAXのままでした。
が!4回転目で「ん?」5回転目で「あれ?」6回転目「………….」降りてから目ではなく頭が回っているようでした(笑)

子どもの頃、大好きでこれでもか!!ってほど友達と交互に回し合っていたはずなのですが何がどこで変わってしまったのでしょうか。
息子はケロっとして「まだしゅる~(する)」と言っていましたが、気持ちに頭のグルグルがついて行けず諦めてもらいました。

気を取り直して少し長めの滑り台へ。

(滑り台へGO!GO!)

息子と一緒になって4回登っては滑ってを繰り返しました。滑り台はいくつになっても楽しいですね。
息子が100mあるローラーの滑り台を見つけたので滑ってみました。

(長~いローラー滑り台)

『100m滑ったら100m坂登って来ないと…』と思いながら滑ったのですが、滑ってみると木の間を心地よく滑れて凄く気持ちがよく
「もう一回」と息子と坂道を”よーいドン”2歳の子ども相手に本気で走り息子に怒られました。
遅れて坂を上がってきた旦那に「どっちが子どもよ」と突っ込まれながらもう一度。
1回目でスムーズに滑れるコツをつかみ、2回目の滑りは子どもを抱えてMAXスピード。
200mローラー滑り台を滑るとさすがにお尻が痛かったです(笑)
子どもの頃、近所の公園で何気なく遊んでいましたが、公園って自然と笑顔になれる場所なんですね。
大人になってから気づきました。

その後、公園内をしばらく散歩して桜島・錦江湾を眺め、鹿児島の自然の大きさを改めて感じました。

(城山公園から見える鹿児島のシンボルと錦江湾)

沢山遊んで沢山汗をかいた後は4月20日にオープンした”古民家村 家族風呂 天空”へ行ってみました。
全棟同じ部屋の造りのようで、和室の部屋に囲炉裏があり、内風呂が2つ(1つは水風呂)とサウナ、露天風呂が1つ付いていました。

(温泉~♪)

(露天風呂)

家族や友達と自分達だけの空間でゆっくりと過ごせる場所でした。
息子も露天風呂に入ったり、水風呂に入ったり、サウナを覗いたりと好きなように楽しんで温泉を堪能していました。
温泉で気づいたのですが、滑り台を滑り過ぎたのかお尻(尾骶骨を中心に)が真っ赤になっておりました。
息子に「ママ、おさるさんだ~」と大笑いされ、家族風呂なのにお尻を隠しながら温泉に入りました。

久しぶりに子どもに戻った様な気持ちで、息子と大はしゃぎした休日の1日でした。

”城山公園”・”古民家村 家族風呂 天空”どちらも子連れだけではなく、デートでも行けるようなスポットで、私のおすすめのスポットになりました。
国分に行かれた際には、是非”城山公園”でローラー滑り台を滑って汗をかいて、その後は”天空”で汗を流しスッキリしてみて下さい。

【※公園で遊んだ後のお尻には十分ご注意下さい】

PICK UP INFORMATION

PARTNER

鹿児島 天文館 クリニカルエステcicca
鹿児島イベント出店・催事企画の若松商店
株式会社多聞セミナー開催のお知らせ
株式会社らくなる