ニュース

城山ホテル鹿児島1階が刷新 高級フルーツを使ったパフェも

LINEでシェア 2019/08/12
高級フルーツを使ったパフェ

SHIROYAMA HOTEL kagoshima(城山ホテル鹿児島・鹿児島市新照院町)1階の飲食店・ショップと3階の広東料理「翡翠廰(ヒスイチョウ)」が8月10日、リニューアルオープンした。

1階には、「Maison de Faveur(メゾン ド ファヴ―ル)」「薩摩美味 玉撰」「Faveur Parloir(ファヴ―ル パーラー)」が新たにオープンし、「翡翠廰」はリニューアルオープンとなる。「Faveur」はフランス語で「恵み」を意味しており、「豊かになること」をコンセプトにしているという。

リニューアルオープンした広東料理「翡翠廰」 Maison de Faveur(メゾン ド ファヴ―ル)

「メゾン ド ファヴール」は、パンなどを販売していた「ベーカリー城山」とスイーツを販売していた「パティスリー城山」が一つの店となり、新たに高級フルーツの販売も始めた。高級フルーツは季節のものを用意しており、今の時期は静岡県産のマスクメロン(1個1万800円)、岡山県産のシャインマスカット(1パック1,296円)などを販売。城山ブルワリーボトルが造るクラフトビール「ファヴ―ル・エール」も扱う。

「薩摩美味 玉撰」は、鹿児島の特産品を集めたアンテナショップ。自社さつま揚げブランド「城山ゑびす」や「かるかん元祖 明石家」のかるかん、「下堂薗」のお茶などの商品が並ぶ。

Faveur Parloir(ファヴ―ル パーラー)

カフェ「Faveur Parloir(ファヴ―ル パーラー)」は、場所も移動しキッズスペースも用意した。季節ごとに変わるフルーツパフェの提供も新しく始め。現在は、マンゴー(3,800円)、メロン(4,500円)、白桃(2,800円)、シャインマスカット(4,800円)のフルーツパフェも用意する。

9日に行われたプレセレモニーで、同ホテルの東清三郎社長は「今回のリニューアルに関わってくれた方々、そしてホテルを利用していただいた全ての方々に感謝したい。お客様さまが快適に、そして満足いただけることをコンセプトとしているので、ぜひ楽しんでいってほしい」と話した。

営業時間は、メゾン ド ファヴール・玉撰=8時30分~21時、ファヴ―ル パーラー=10時~21時(土曜・日曜・祝日は9時~)、翡翠廰=ランチ11時30分~14時30分(土曜・日曜・祝日 11時~15時)、ディナー17時30分~21時30分(同17時~22時)。

提供元 : 鹿児島経済新聞

MAP

鹿児島県鹿児島市新照院町41-1

Google Map で見る

RELATED ARTICLE

PICK UP INFORMATION

PARTNER

鹿児島 天文館 クリニカルエステcicca
鹿児島イベント出店・催事企画の若松商店
株式会社多聞セミナー開催のお知らせ
株式会社らくなる