ニュース

鹿児島出身の戦うシングルマザーボクサー吉田実代選手、世界女王に

LINEでシェア 2019/06/28
世界ボクシング機構女子スーパーフライ級の王座決定戦

幕張メッセ(千葉県千葉市)イベントホールで6月19日、世界ボクシング機構女子スーパーフライ級の王座決定戦が行われ、鹿児島市出身の女子プロボクサー・吉田実代さんが世界女王に輝いた。

初めてとなる世界戦を前に、およそ2か月、鹿児島市の実家に実衣菜ちゃんを預け、大事な一戦に備えてきた。当日は、会場に実衣菜ちゃんも駆けた。 初めてとなる世界戦を前に、およそ2か月、鹿児島市の実家に実衣菜ちゃんを預け、大事な一戦に備えてきた。当日は、会場に実衣菜ちゃんも駆けた。

吉田さんは娘・実衣菜ちゃんを育てながら仕事と家事に奮闘する戦うシングルマザー。現在は格闘技インストラクターとしてボクシングやキックボクシングを教えている。 

 2017年(平成29年)10月6日、日本ボクシングコミッション(JBC)が新たに創設した日本女子王座の第1号となるバンタム級王座決定戦で初代王者となり、2018年(平成30年)8月20日、OPBF東洋太平洋バンタム級王座決定戦で2冠目となる王座を獲得した。 

提供元 : 鹿児島経済新聞

PICK UP INFORMATION

PARTNER

鹿児島 天文館 クリニカルエステcicca
鹿児島イベント出店・催事企画の若松商店
株式会社多聞セミナー開催のお知らせ
株式会社らくなる